屋根の各部の名前
 神社・寺院の屋根の部材には、極端にいえば個々の部材ごとに名前が付いているといっても過言でない。とくに瓦屋根では、瓦の形状ごと、葺いた位置ごとなどに名前が付いている。
 このページでは、山車や神社・寺院の屋根の大まかな各部の名前を紹介する。
絵中の各名称をクリックすると、説明へジャンプします。
神社の屋根の各部の名前
神明造り神社の各部の名前 高山祭の屋台の屋根の各部の名前
江戸型山車の屋根の各部の名前 秩父夜祭の屋台の鬼板・懸魚の名前
項 目 概 要
千 木 (ちぎ) 千木の起源は、日本の古代の住居の構造である三本の木材を交差させたものを二組作り、それを建物の両端に立てて、その交差部分に棟木をかけ渡した建築様式からきたとされており、屋根を支えるために必要な構造材だった。その交差した木材の先端が屋根よりも突き出ており、その部分がのちに千木といわれるようになった。
しかし、現在は、ほとんどの神社の千木は、一種の装飾的な「置千木(2本の木材を交差させたものを、棟の上にのせた造りの千木)」になっている。千本の先端が垂直に切られている場合は男神を、水平に切られている場合は女神を祀っていることを示すといわれることもあるが、そうともいえない場合もある。
山車では、高山祭・古川祭の切妻屋根の山車、また、富士宮秋まつりの放送屋台に千木が見られる。
堅魚木・鰹木
勝男木・葛緒木
堅緒木
(かつおぎ)
千木と千木の間の棟の上に、棟に対して直角に並んだ数本の木をいう。
鰹木の語源は、その形が鰹を干したものに似ているからといわれるが、いろいろな書き方もあり諸説が多い。
本来は、棟の押さえを目的とした一種の補強材だったとされるが、現在のものは、千木と同様に装飾として用いられている。
白木が多いが両端に金や銅などの薄板で装飾を施したものもある。
本数は、2本から10本ぐらいまであるが神社によって違う。本数が奇数の場合は男神を、偶数の場合は女神を祀っていることを示すといわれることもあるが、異なる場合もある。
甲 板 (こういた) 神社建築の棟に沿て堅魚木を受ける棟に沿う部材。
 (ひれ) 鬼板・懸魚の左右につけた装飾。
鞭懸・鞭掛 (むちかけ) 神明造の破風板から突き出した左右それぞれ数本の木。本来は、破風板を止める目的であったとされるが、現在では屋根飾りの一種。
破 風 (はふ)
破風板
屋根の妻の合掌形の装飾板の部分をいい、妻の垂直な面に風が当たると左右に分かれることから破風という。破風の前面につけられた板を破風板という。
破風は、もともと板張りや漆喰で内部を保護したり、棟木や桁を隠したりする構造的な目的で考えられたのが、妻飾りとして発達した。独自のデザイン的な進化を遂げた。
懸 魚 (げぎょ)
to image
懸魚は、屋根の妻の部分に垂れ下げた飾りで、もともとは火災除けとして飾られていた。古くは掛魚と書き、水を連想する魚を破風に掛けることに由来するという。また、棟木や桁の先端を隠す目的ともいう。
鎌倉時代より古いものは残っていないが、古い絵画には描かれたものもあり、古くからあったとされている。
懸魚は、その形や箇所により名前が付いている。

形による呼び方
梅鉢懸魚:家紋の梅鉢紋を模した形状の懸魚。
彫懸魚:鳳凰などの瑞鳥や瑞花、鬼・兎・鶴・亀・鯉など動物の彫刻の懸魚で、江戸時代後期以降の建物に見られる。
桐懸魚:桐の花を模した形の懸魚。
猪の目懸魚:ハート・ヒョウタン形の彫刻の懸魚。
かぶら懸魚:かぶら形の懸魚で神社・寺院に多い。下・左右にかぶら形があるものは、三花かぶら懸魚という。(絵は一花)。
三ッ花懸魚:下と同じように左右にも同じ形が出ている懸魚。

使用箇所による呼び方
兎の毛通(うのけとおし)・唐破風懸魚:唐破風屋根の懸魚をいう。
拝懸魚・おも懸魚:破風の拝みの部分である頂点の懸魚。
降懸魚・桁隠・脇懸魚:破風の流れのなかほどの桁の端の懸魚。
六葉
六 葉 (ろくよう) 懸魚の中央の飾り。6枚の葉の図柄の六角形の板。中心から出ている丸棒は「樽の口」、その根元の菊花形は「菊座」と呼ばれる。角数により四葉、八葉などがある。

(菱・葵などの6枚の葉を六角形に模様化したからいう) 長押ナゲシ・懸魚ゲギヨ・扉などの釘隠しなどに用いる金具。木製のもの
 もある。
降懸魚 破風の左右の低い位置にある懸魚で、棟や軒桁に平行な垂木受ける横木の切り口を隠す。懸魚と同じデザインが多い。
鬼 板 (おにいた) 鬼瓦が名前のとおり瓦でできたものであるのに対し、鬼板は基本的には木製の棟飾りであるが、銅板で包むものもあり、瓦以外のものをいう。
山車の鬼板は、懸魚と同じように、一番目に付きやすいところにあり、豪華で派手なものが多い。
箕 甲 (みのこ) 切妻屋根や入母屋屋根などの照り屋根(反り)において、屋根の面の照りと破風板の照りの曲率の違いを埋める曲面。
縋破風 (すがるはふ)
to image
本屋根の軒先からさらに付け出した片流れの破風。 縋破風
破風飾金具
八双金具
(はっそうかなぐ)

八双金物
破風板に張られた金具。
八双とは二股の意味で入八双をいうが、その形状により入八双(先端が二股になったもの)・出八双(先端が油煙形に尖ったもの)・散らし八双(先端が模様などになったもの)などという。
また、甲冑の八双鋲の下に敷く細長い飾金物の総称や、門扉の縁などにとりつける装飾金物もいう。
 (つま) 切妻屋根や入母屋屋根の側面の三角形の壁面。妻側に入り口がある建物を「妻入り」という。
 (ひら) 建物の大棟に平行な側面。平側に入り口がある建物を「平入り」という。
蟇 股 (かえるまた) 蛙が股を広げたようなデザインからの命名とされたという。二本の水平材の間で、上に斗をのせ、曲線状の外観の部材で、装飾的に使われることが多い。
板蟇股と透かし蟇股の2種類がある。
笈 形 (おいがた) 全体は笈形付き大瓶束と呼ばれ、大瓶束の両脇に山伏が背負う笈の形に由来するといわれる笈形が装飾として付き、棟を支える部材。
きょう (ときょう)
斗組・組物
斗組・升形
軒下などに、元来は突き出した深い軒を支える持送りの一種で、いろいろな木を組んだ複雑な構造のものが多い。
肘 木 (ひじき) 斗と組み合せて組物を構成し、上からの荷重を支える用をなす横木。肱木・臂木・承衡木とも書く。
持送り (もちおくり) 柱や壁などから突出して、庇・梁・棚・床などを支える部材。装飾的な要素が多い。
虹 梁 (こうりょう) 社寺建築に用いる、やや反りを持たせて造った飾り梁。上下2段に設けたのものを二重虹梁、上のものを小虹梁、下の長いものを大虹梁という。
棟持柱 (むなもちばしら)
小狭柱 (おさばしら)
突出した棟木を直接支える妻側の壁から離れて立つ柱。
堀立柱 柱を直接地面に埋めて建てた建物。一般に柱は、腐敗防止のため礎石の上に立てる。
屋根の最頂点の水平な部分。二つの屋根面の相交わる部分。
大 棟
降棟 (くだりむね)
隅棟 (すみむね)

稚児棟 (ちごむね)
to image
大棟は、寄棟屋根・入母屋屋根・方形屋根の屋頂の水平な棟。そこから屋根の面に沿って軒先への棟状の飾りが降棟。
隅棟は屋根の隅に向かって作られた勾配のある棟。稚児棟は隅の降棟の軒より少し上に鬼瓦を置き、それより軒までさらに短い降棟をいう。
寺院の屋根の各部の名前
鬼 瓦
棟の端に、切り口を隠し、飾りとして置く。
飛鳥時代の寺院の跡からは、鵄尾は出土するが、鬼瓦は出ていないという。
白鳳時代になると、多くの鬼瓦が出土し、その後いろいろなデザインの鬼瓦が作られた。
鬼瓦
獅子口 (ししぐち)
鬼板と同じように棟の両端や降棟、隅棟、稚児棟の先端を飾る瓦。獅子口の各部には、経の巻、綾筋や形により雲、若葉、巴、頭、足などと名前が付いている。
山車には瓦屋根はなく、獅子口はない。
獅子口
宝 珠 (ほうしゅ)
相 輪 (そうりん)
to image
方形・六注・鉢注などの角錐形の屋根の屋根の各面が集まる頂点に、宝珠が飾られる。
頂点に多角形の露盤と呼ばれる箱を載せ、その上に宝珠を載せる。露盤に宝珠を載せたものを露盤宝珠、これに火焔を付けたものは火焔宝珠という。その他いろいろな形状の飾りの付いたものがある。
山車の屋根飾りとしても、高山祭などに見られる。
露盤宝珠 火焔宝珠 高山祭の屋根の宝珠
露盤宝珠 火焔宝珠 山車の火焔宝珠
相 輪 (そうりん)
三重塔・五重塔・宝塔などの屋根は一般に方形で、その頂点には、相輪と呼ばれる飾りが載る。
相輪は、インドが発祥で、中国へ伝わり、中国の高楼建築に取り入れられ、その後日本へ伝わった。
相輪の基本的な形状は、屋根の頂点に露盤を載せ、その上に饅頭型の伏鉢、受花、宝輪(九輪)、水煙が載る。
各パーツの形状は、時代や寺院によりいろいろある。
相輪が付いた山車はない。
相輪
鵄尾・鴟尾・蚩尾
(しび)
沓形 (くつがた)
起源に定説はないが、飛鳥時代に伝わり、破邪と防火を目的に瓦葺の宮殿や仏殿の大棟の両端に取り付けた。材料は、瓦や銅、石で造り、金張りのものもある。唐招寺金堂のものが最古のものという。後に鯱や鬼瓦になった。
鵄尾が載った山車はない。
鴟尾
 (しゃちほこ)
to image
原型は鵄尾ともいわれており、頭は龍、鋭い背鰭を持つ。雨を降らす想像上の海魚で防火のまじないとして大棟の両端につける。
桃山時代から、城郭建築に多く飾られるようになった。名古屋城の金の鯱は有名。
山車の屋根飾りとしても見られる。
鯱
留 蓋 (とめぶた)
巴 蓋 (ともえぶた)
隅 蓋 (すみぶた)
降棟や稚児棟の端に雨水が入らないように覆う瓦として使われたが、後に獅子や牡丹、立浪など形状の飾り瓦となる。
降棟などの端に付けるだけでなく、右絵のような付け方もある。

山車には瓦屋根はなく、留蓋はない。
獅子口・留蓋
瓔 珞 (ようらく)
元来は、インドの貴族が宝石や金銀などを紐に通して作った頭や首、胸にかけた装身具。
それが仏像の胸飾りにもなり、薬師寺の聖観音像のものなど見応えのあるものが多い。また、仏像の天蓋や僧侶が読経する場所の上に下げた人天蓋、また、建築物の破風などに付ける垂飾をいう。
高山祭の山車の木鼻の飛龍、棟飾りの鳳凰などは、瓔珞を銜えている。
屋台の屋根 屋根の形状  屋根の飾り 屋根各部の名前
ページTOP    祭りだ!屋台だ!
Page Last Updated 2005.7.10
This Page Since the 15 of August 2001 go
inserted by FC2 system